カテゴリー別アーカイブ: 田村建築の住宅プラン集

間取りをアレンジしてみよう!最終回、パース編

=基本プランから間取りをアレンジしてみよう=パース編

階段吹き抜けで開放的な家」から「降り注ぐ開放的な家」に

前回までに、下の基本プランを6項目に渡って間取りをアレンジしてプランニングしてきました。

2955_1_5基本プラン

基本プラン クリックで拡大します。

1.ダイニングに4.5帖の和室を増設         2.浴室を1.0坪から1.25坪に変更       3.キッチンを対面型に変更          4.2階にシアタールームを増設           5.リビングにウッドデッキを増設       6.屋上テラスを増設

そして、出来上がったアレンジ後のプランが、次の平面図です。 😆

変更後1階  クリックで拡大します

変更後2階、屋上

 

 

 

 

 

 🙄

どうでしょうか!基本プランと比べて見て下さい。

それぞれのアレンジ部位が自己主張していませんか!

それでは、

パースで見てみよう!

パース1階間取り

クリックで拡大します

パース2階間取り

 

 立体的なパースで見ると、ググッとキマスね!

よりイメージが湧いてきます。

 外観パースを見てみよう!!

パース外観

クリックで拡大します

 

外観パースを見上げた感じのものと、見下ろしたものとで見てみましょう!

いかがでしょうか!

リアリティーがあって、わかりやすいですよね。

外観鳥瞰パース

クリックで拡大します


外壁の材質や色によっても、大部イメージは変わりますから何パターンか作成して比べてみましょう。


基本プランの延べ床面積は29.55坪(施工33.31)でした。

アレンジプランの延べ床面積は39.07坪(施工50.59坪)に変更になりました。

ちなみに、アレンジプランの参考価格は税8%込で2,190万円となります。

さて、第22話まで連載してきました「田村建築の住宅プラン集」は、今回で最終回となります。
1年と4カ月に渡ってお送りしてきました「住宅プラン集」、楽しんでいただけましたでしょうか!
ご愛読いただきまして、どうもありがとうございました。
また、新企画の連載が整いましたら、お送りいたしますので宜しくお願い致します!

これから、新築マイホームをご検討のかたは、過去のプランから今回までのプランまでを閲覧してぜひ、参考にして見て下さいね。

もちろん、いつでもプラン作成から見積もりまでも、ご相談受け付けております。
プランニングをご要望のお客様は、何かとよらずご利用ください。
ご相談お待ちしております。

 😉 お問合せは

 


住家造り工房
株式会社田村建築

〒019-2335大仙市強首字上野台147-4

フリー0120-78-1266
tel 0187-78-1266

fax0187-78-1277
e-mail: info@tamura-kenchiku.jp
HP: http://www.tamura-kenhiku.jp

間取りをアレンジしてみよう!その4、ウッドデッキテラス編

=基本プランから間取りをアレンジしてみよう=ウッドデッキテラス編

基本プラン「階段吹き抜けで開放的な家」

クリックで拡大します。

基本プラン「階段吹き抜けで開放的な家」

 

 

 

 

敷地全てがプライベートルーム!

ウッドデッキやテラスを設けるだけで、庭も立派なプライベートスペースに!

クリックで拡大します

室内からのつながりで大空間リビングに変身します!

家族で、お友達同士で、バーベキューやお茶会などの機会が増えそうです!

 

パターン1:ウッドデッキ

基本プランにウッドデッキパース

クリックで拡大します。

リビングからのつながりでウッドデッキを設置してみました!

室内と室外を緩やかに結ぶ架け橋となり、のびやかな空間を演出します。

階段吹き抜けに続き、もうひとつの開放的な空間ができました。

またプライベート空間として、隣家との目線を遮る壁(ルーバーなど)を設置すればプライバシーを守りつつ光や風をたっぷりと取り込める第二のリビングとして活躍します!

 縦の空間を有効利用!

屋上をテラスに追加

クリックで拡大します。

子供部屋や趣味の部屋、屋上緑化など、土地の関係で2階建てでは、どうしても収まらない場合は3階建ても検討しましょう!

縦の空間を使うことで、景色がよくなったり、くつろぎの場が増えたりと、2階建てでは味わえなかった意外な発見もあります。

パターン1:屋上テラス

屋上テラスパースimage

クリックで拡大します。

土地のスペースが狭く庭のスペースがあまりとれないけど、少しでも緑を満喫したい!

こんな場合は屋上をつくり、鉢植えによる緑を!

鉢植えでも充分緑を満喫できます!

トマトなどの野菜やハーブ類など家庭菜園もできますよ!

という事で、今回で6項目の間取りアレンジが終了しました。

いよいよ、このコーナー「田村建築の住宅プラン集」も次回で最終回となります。
次回は、完成した平面図とパースをお披露目致します。お楽しみに!!

プランニングをご要望のお客様は、ぜひ、ご利用ください。

 😉 お問合せは


住家造り工房
株式会社田村建築

〒019-2335大仙市強首字上野台147-4

tel 0187-78-1266
fax0187-78-1277
e-mail: info@tamura-kenchiku.jp
HP: http://www.tamura-kenhiku.jp

 

間取りをアレンジしてみよう!その3、シアタールーム編

=基本プランから間取りアレンジしてみよう=シアタールーム編

2955_1_5基本プラン
クリックで拡大します。

 

基本プラン「階段吹き抜けで開放的な家」

 

 

 

家の中でリラックスできる空間を!

「子供が3人なので子供部屋は3部屋必要!」

 「ご両親との同居を今後予定中!」

 「シアタールームを設けたい!」

シアタールーム追加image-62

クリックで拡大します。

ご家族のそれぞれの状況によって居室を追加!

今回は、2階にご家族みんなで楽しめる空間というコンセプトで一部屋を増設したいと思います。

映画や記念ビデオなどを鑑賞、時にはご家族でパーティーやゲームもしたいですね。

  パターン1:シアタールーム

パースシアタールーム

クリックで拡大します。

映画を観ることが大好きな方だと、仕事が終わってから毎日映画を観る事が習慣!

シアタールームがあると、帰宅や休日が待ち遠しいです。

今日は、お子さん達とディズニーの映画でも!

時には、カラオケや楽器演奏などもいいじゃない!

シアタールームは防音仕様にすると、隣家や家の中に音が漏れないので誰にも気がねなく、じっくりと鑑賞できます!

シアタールームって、色々と用途が広がりますね。

ちょっとした、贅沢な空間があってもアリ!だと思います。

最近は、そんな新築をお建てになる方も増えているとの事です。

さて、今回は、ここまで!~という事で次回は、テラス編です。

プランニングをご要望のお客様は、ぜひ、ご利用ください。

 😉 お問合せは


住家造り工房
株式会社田村建築

〒019-2335大仙市強首字上野台147-4

tel 0187-78-1266
fax0187-78-1277

e-mail: info@tamura-kenchiku.jp
HP: http://www.tamura-kenhiku.jp

間取りをアレンジしてみよう!その2、キッチン編

=基本プランから間取りアレンジしてみよう= キッチン編

基本プラン「階段吹抜けで開放的な家」

クリックで拡大します。

憧れのマイキッチン!

奥様のいる時間が長いキッチン。
「対面型にしようかな?」「アイランド型もいいなぁ!」と思い巡らせます。

後ろの収納の使い勝手やパントリーへの動線の流れなど、キッチンの使い勝手を色々考えます。

「この間取りが気に入ったけど、キッチンだけは対面型に!」と、間取りを決める前にキッチンのレイアウトだけは決められている方もいらっしゃいますね。

対面キッチンにimage-59

クリックで拡大します。

そんな時は、キッチンだけ変更!

視野に入れていなかった変更なしの間取りが、第一希望の間取りに変身!

パターン1:独立型→対面型

パース対面型キッチンLDK風景

クリックで拡大します。

独立型から食品庫付きの対面型へ!

対面型になることで、食事を作りながら家族の様子が分かり、より一層食事にも腕を振るいます!

また、食品庫から勝手口につながっているので、生ゴミや分別ゴミを保管する場所があり捨てに行くのも便利です!

 

 

さて、今回は、ここまで!~という事で次回は、シアタールーム編です。

プランニングをご要望のお客様は、ぜひ、ご利用ください。

 😉 お問合せは


住家造り工房
株式会社田村建築

〒019-2335大仙市強首字上野台147-4

tel 0187-78-1266
fax0187-78-1277
e-mail: info@tamura-kenchiku.jp

間取りをアレンジしてみよう!その1、和室浴室編

=基本プランから間取りアレンジしてみよう= 和室、浴室編

前回は、「階段吹き抜けで開放的な家」という29.55のプランをご紹介しました。 今回は、そのプランの反転(北・西玄関)タイプを基本プランにして、お客様のご要望の多い中から6項目を取り上げ、間取り変更のプランニングをしてみたいと思います。

階段吹き抜けで開放的な家

クリックで拡大します。

やっぱり和室があったらいい。お客様もおもてなし!

日本人の感覚として、最も要望の多い和室。 仰向けになったり、コタツでゴロゴロ、香りや感触がなんだか心地良く、安らぎを感じます。 また、ゲストを迎える場所は、しっとりと落ち着いた和室が一番!

和室を追加

クリックで拡大します。

リビングやダイニングの横にプラスしておけば、普段づかいもできて一石二鳥! 普段は扉を開けて、リビングとのつながりとして広く使うといいですね。

 パターン1:和室なし→4.5畳+床の間+押入

和室パースimage

クリックで拡大します。

クリックで拡大します。

 4.5畳の和室をダイニング横にプラス! コンパクトながらも落ち着いた空間になっています。 平面図を立体的なパースにするとこんな感じでしょうか。 内装や造作で趣きも変わるので、パースにおこして確認するといいでしょう。

一日の疲れを吹き飛ばす!

浴室1.0坪→1.25坪

クリックで拡大します。

一日の仕事の疲れを癒すお風呂は広い方が快適! 標準的な1.0坪の広さを1.25坪や1.5坪に少しだけ広くすることで、お風呂の印象はガラリと変わります!

パターン2:浴室1.0坪タイプ→1.25坪タイプ

パース浴室image

クリックで拡大します。

気持ちが開放的になり毎日が温泉気分に! 1.0坪から1.25坪の0.25坪だけ増えることで、お風呂の印象が変わります! ”浴槽の大きさをそのままで洗い場を広くするパターン”と、 ”洗い場の広さはそのままで浴槽を大きくするパターン”と、 2通りのパターンがあります!どちらもそれぞれの魅力があるので、選ぶのに悩みそう! さて、今回は、ここまで!~という事で次回は、奥さまに大人気のキッチン編です。 プランニングをご要望のお客様は、ぜひ、ご利用ください。

 😉 お問合せは


住家造り工房 株式会社田村建築

〒019-2335大仙市強首字上野台147-4

tel 0187-78-1266 fax0187-78-1277

e-mail: info@tamura-kenchiku.jp

HP: http://www.tamura-kenhiku.jp

「田村建築の住宅プラン集から」その17階段吹抜けで開放的な家

「階段吹抜け開放的

今回のご紹介するプランは、延べ床面積が前回と同じ29.55坪です。施工延べ床面積は、33.31坪と幾分、吹抜け等を設けて大きめです。

「階段吹抜けで開放的な家」
クリックで拡大します。

1階の階段からの吹抜け空間は、4.5帖です。

2階からの見下ろした空間にはダイニングテーブルを配置しています。

上部吹き抜けからこぼれる光が、ダイニング空間を優しく包み込みます。

1階ホール越しにある、収納部分をグルグル回れる回遊動線。

「階段吹抜けで開放的な家」

クリックで拡大します。

水回り設備も近く、忙しい時間帯でも効率よく家事をこなせます!

リビングダイニングは、南側に大きく面した広々空間。

回遊動線と吹抜けでより一層広がり感を感じられ、家族が自然と集まる団欒空間の役割をしています。

「階段吹抜けで開放的な家」

クリックで拡大します。

2階にある8帖の主寝室には、季節ものの衣類もしっかりと収納できるクローゼットが2カ所あります。

居室には必要なものだけを置くと、ホテルライクに快適に過ごせます。

5帖づつの 子供部屋には壁を造らずオープンな空間に!

また、お子さんが小さなうちは、お泊り客用として使用してもいいですね。

今回のプランをスケルトンにしたような、28坪のモデルハウスがあります。

ぜひ参考に空間を体験してみて下さい!

ご覧になりたい方は、株式会社 田村建築スマートハウスオープン公開していますので、お電話もしくは、Eメールでご予約くださればいつでも、ご案内いたします。

只今、オープンハウス実施中のスマートハウスクルークKLUG」は、スーパーマルホンカーボーイ御野場店さんに 向かって右隣り、秋田市南部市民サービスセンター「なんぴあ」さんの裏隣りに建って います。

ぜひ、一度ご覧になって見て下さい。


  😉 お問合せは

住家造り工房
株式会社田村建築

tel 0187-78-1266
fax0187-78-1277
e-mail: info@tamura-kenchiku.jp
HP: http://www.tamura-kenhiku.jp

「田村建築の住宅プラン集から」その16=しまう物に指定席のある家=

 =しまう物指定席のある=

今回のプランは、限られた空間スペースの中にでも「効率の良い収納スペースを配置した片付け上手」な 感心するプランです。

=しまう物に指定席のある家=

クリックで拡大します。

延べ床面積は29.55坪で、施工延床面積は31.80坪の3LDKタイプです。

玄関サイドにシューズ収納スペースを設けています。

毎日はかない靴は、ここへ収納し玄関ポーチが脱ぎっぱなしの靴だらけになるのを防ぎます。お掃除するのも楽に!

階段下のスペースも収納に・・・これは、もう定石ですね。リビング横の収納には、毎日使うものを置きましょう。TELから、ノートパソコン、お子さん達の学校のお知らせボードetc・・・。使用頻度の高い物の収納スペースですね。

ダイニングスペースは、南向きにありますからテラスやウッドデッキを作って、天気のいい日はお庭でランチも夢じゃない!!

=しまう物に指定席のある家=
クリックで拡大します。

 2階のトイレ脇の収納スペースには、2階で使う掃除道具や、ストック類を収納。1階に降りる手間が省けます。

お子さんが男の子と女の子と分かっている場合は、子供部屋を最初から独立させておくのもアリ!

その代わり、扉を開ければホールと子供部屋が一体となって、広~い遊び場に大変身します。

子供部屋をあえて独立しない、間仕切りなしのフロアを体験したい方は、スケルトンインフィルという発想のモデルハウスがありますので参考にして下さい。

=しまう物に指定席のある家=
クリックで拡大します。

 ご覧になりたい方は、株式会社 田村建築スマートハウスオープン公開していますので、お電話もしくは、Eメールでご予約くださればいつでも、ご案内いたします。

只今、オープンハウス実施中のスマートハウスクルーク「KLUG」は、スーパーマルホンカーボーイ御野場店さんに 向かって右隣り、秋田市南部市民サービスセンター「なんぴあ」さんの裏隣りに建って います。

ぜひ、一度ご覧になって見て下さい。


 😉 お問合せは

住家造り工房
株式会社田村建築

〒019-2335大仙市強首字上野台147-4

tel 0187-78-1266
fax0187-78-1277
e-mail: info@tamura-kenchiku.jp
HP: http://www.tamura-kenhiku.jp

「田村建築の住宅プラン集から」その15=緩やかに区切られた空間が安らぎ生む家=

 =緩やか区切られた空間安らぎ生む家=

今回のご紹介するプランは、キュービックハウスから延べ床面積29.05坪で施工延べ床面積が32.93坪の3LDKタイプです。

緩やかに区切られた空間が安らぎ生む家

クリックで拡大します。

規律よく並んだ窓、大きく広い外壁に1本の縦ライン、とてもインパクトのある外観ですね。

マンションのような趣きを感じます。

アルコーブ玄関からエントランス、ホール、階段と直線的な視界が、実は、中央に横切る階段によって回遊動線を演出しています。

しかも階段下はリビング側とダイニング側を緩やかに区切り両側に収納をプランできます。

家の真ん中に収納があると、隅にあるのに比べて、わざわざ取り出す感がありません。

使う場所のそばに、収納があるとお子さん達も収納上手になりそうです。

緩やかに区切られた空間が安らぎ生む家

クリックで拡大します。

リビングとダイニングが適度な距離感で分けられた形に・・・

家族それぞれのご飯やくつろぎの時間が違っても、空間が少し離れているので音などか気になりません。

洗濯機をキッチンの近くに置くと、家事をしながら洗濯の段取りができちゃいます。一日に何回も洗濯をする日は、いつ終わったかもすぐ分かるので、忘れることなく便利ですね。

緩やかに区切られた空間が安らぎ生む家
クリックで拡大します。

2階へ上ると、右手に4.5帖ホールと、左手に3帖の吹抜けが待っています。

ちょと贅沢な空間です。ホールではお子さん達のお友達が遊びに来て、ワイワイ楽しんでる姿が目に浮かびそうです。子供部屋のドアを開けておけば、より広く使えます。

吹抜けは、主寝室に接していているので、窓をつけると寝室側からも見下ろすことができます。

クローゼットの脇に、ちょっとしたスぺースを設けることで、ミニミニ書斎や、お化粧台として活躍しそうです。

空間をどのように区切るかによって、住環境の使い勝手が決まります。

空間を区切る創造を、体験したい方はスケルトンのモデルハウスがあります。

株式会社 田村建築のスケルトンインフィル発想のスマートハウスオープン公開していますので、お電話もしくは、Eメールでご予約くださればいつでも、ご案内いたします。

只今、オープンハウス実施中のスマートハウスクルークKLUG」は、スーパーマルホンカーボーイ御野場店さんに 向かって右隣り、秋田市南部市民サービスセンター「なんぴあ」さんの裏隣りに建って います。

ぜひ、一度ご覧になって見て下さい。


 😉 お問合せは

住家造り工房
株式会社田村建築

tel 0187-78-1266
fax0187-78-1277
e-mail: info@tamura-kenchiku.jp
HP: http://www.tamura-kenhiku.jp