住家造り工房が建築する秋田のスマートハウス”KLUG”

住家造り工房が建築する秋田のスマートハウス”KLUG”

住家造り工房が建築する秋田のスマートハウス”KLUG”

東日本大震災からちょうど2年が過ぎ・・・

震災前までは、不景気とは言うものの ”節電” ”エコ” というKeywordは私の頭にほとんどありませんでした。まさか、今の日本で数日間にも渡って電気が使えず、ガソリンスタンドで給油が出来ないなんて思いもしなかったのです。スマートハウスを造り出すまでのいきさつは以前のブログ記事に書きましたので是非ご覧ください。

スマートハウスKLUGとは?

省エネをうたい文句にし、製造された家電品は今や珍しくありません。ほとんどの家電品が省エネを考慮していると思います。しかし、夜、家族が集まる時間帯にはどうしても消費電力のピークがあります。奥様が夕飯の支度をし、お風呂を沸かし、リビングをはじめとする各居室では蛍光灯が灯され、夏や寒い冬には冷暖房機がフル活動します。共稼ぎのお宅ではこの時間帯に洗濯機や掃除機なども使われることでしょう。

消費電力のピークについて

消費電力のピークについて

消費電力のピークについて

上の図でおわかりになるように、ピーク時間の電気使用をちょっとずらすだけで無駄なく太陽光発電を利用できます。ほんのちょっとピーク時間をずらすだけでいいのです。こういう方法をピークカット、ピークシフトと言います。

消費電力の見える化

消費電力の見える化

消費電力の見える化

ピークカットとピークシフトが上手い省エネ方法なのは分かっても勘に頼るわけにはいきません。上のイメージ写真のように、現在の使用電力をしっかり数字で見ることが必要になります。今後主流になってくるスマート家電をより効率的に制御できるHEMSを搭載したスマートハウスが、当社の造る”KLUG(クルーク)”なのです。

今後、更に詳しく スマートハウス”KLUG”についてお話していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です